部屋探しの基本情報

スポンサード リンク

オーストラリアで部屋探しするには、まずは、現地の部屋探しのルールを知る必要があります!

日本にも敷金・礼金などがあるようにオーストラリアでもそういったものがありますからね。

日本で部屋探しをする時は、住みたい街の不動産屋に行ったり、不動産屋のホームページから探すという方法が一般的だと思いますが、オーストラリアでは基本的に個人取引なんですよね。

もちろんオーストラリアにも不動産屋はあります。オーストラリアで「Real Estate」という看板を見かけたら、それは不動産屋だと思って下さい。

でも、ワーキングホリデーでの短期の滞在の場合は、個人取引が一般的ですね。

ちなみに、僕は

ホームステイを1ヶ月
 ↓
マンリーで2ヶ月のシェアルーム生活
 ↓
DEEWHYで約5ヶ月のシェアルーム生活
 ↓
同じくDEEWHYで約4ヶ月の一人暮らし生活(不動産屋で契約、つまり、部屋のオーナーです!)

と、かなりの部屋探しを体験しました。

ある意味、ワーホリで来ている日本人としては、部屋探しの達人の域まで入ってしまったかもしれません(笑)。。

では、部屋探しの個人取引について具体的に説明していきます!

オーストラリアでの部屋探しの個人取引とは、空き部屋が出たら、部屋のオーナーがその空き部屋の情報を次のような媒体でお知らせするんですね。

・新聞のシェアメイト募集の広告欄
・インターネットカフェでの張り紙
・インターネットの掲示板

詳細は「シェアルームの見つけ方(部屋探し)」に書きましたので、そちらを参照して下さい!


次に、日本でいう家賃について。

オーストラリアでは家賃のことを「Rent」と言います。「レント」と読みます。

日本との一番の違いは、「per week(p/w)」ということです。

つまり、週ごとの家賃の表示なんですね。日本では月ごとですよね。

例えば「Rent」が$150の場合は、1週間で$150なので、日本の感覚では4倍にして家賃は月$600といった感じでしょうか。


次に、日本でいう敷金・礼金について。

オーストラリアでは敷金・礼金と2つに別れてはいません。

2つひっくるめて「Bond」と言います。「ボンド」と読みます。

基本的に2week Bondが一般的です。つまり、家賃(Rent)の2週間分を最初に支払うんですね。

Bondは部屋を出る時に基本的には返ってきますが、部屋を汚したり、家具を壊した場合などはクリーニングや修繕に必要な金額がBondから引かれてしまいます。

なので、部屋はきれいに使うように心がけて下さい!


最後に注意してほしいことがあります。

BondやRentを支払う時は、必ずレシートをもらうようにした方がいいと思います。

日付、自分の名前、金額を書いてもらい、最後に部屋のオーナーをサインをしてもらって下さい。

レシートは「私はちゃんとBondもRentも支払いましたよ」という証明になります。

家賃のことで何かトラブルが起きた時に、このレシートがあるのとないのとでは、おそらくあなたの立場は変わってくると思いますので、笑顔で「レシートくれるかな?」とオーナーに言いましょう!

Can I have receipt?

でも

Receipt please!

でもいいので、笑顔でかつ堂々と言うといいと思いますよ。

現地での部屋探し(最難関!) 記事一覧

オーストラリアで部屋探しするには、まずは、現地の部屋探しのルールを知る必要があり...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行