「レッツゴー・カレー・バッシング」オーストラリアの若者がインド人を襲撃

スポンサード リンク

オーストラリアではインド人学生を狙った襲撃事件が相次いるようですね。

犯人はほとんど10代の少年。

なんでも、オーストラリアの若者の間では「レッツゴー・カレー・バッシング」というのが合い言葉になっていて、インド人を襲撃するそうです。

襲撃事件は、メルボルンだけで過去1年で70件に上る。先週には続けて5人が襲われ1人は意識不明だ。ある学生は、若い男数人に囲まれカネを奪われ、「インドに帰れ」とののしられたうえ、ドライバーで腹などを刺されたという。

今のオーストラリアでは、ずいぶん恐ろしい事件が起こっているんですね。

僕がシドニーにいたときは、こんな物騒なことはなかったですが。

シドニーでも今年4月だけで約20件ほど、同様の事件が起こっているそうでです。

襲われたインド人はというと、面倒に巻き込まれて永住権を取れなくなるのを恐れて、ほとんどの人は警察に届け出てないそうです。

それにしても、「レッツゴー・カレー・バッシング」って何なんでしょう?

僕はカレーは大好きです。

どちらかというと、インドカレーよりもタイカレーが好きですね。

シドニーにあるタイ料理屋さんの「タイナタウン」なんて、何度行ったことか。

ネタ元:
産経ニュース:豪州で広がる「カレーバッシング」 対印関係に暗雲(2009年6月3日)

オーストラリア最新ニュース 記事一覧

オーストラリアではインド人学生を狙った襲撃事件が相次いるようですね。 犯人はほと...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行