オーストラリア ワーキングホリデー体験談

国外転出届け、国民年金と健康保険の一時停止
[ワーキングホリデー出発前の準備]




ワーキングホリデーに行く前に、国外転出届けや国民年金、健康保険などの手続きをする必要があります。

僕の場合は、出発の10日くらい前に国外転出届けを市役所に出しに行きました。

持ち物は印鑑登録所とパスポートと年金手帳。

市民課で「住民異動届」と「転出証明書」を書き、国外転出届けの手続きは完了!意外とあっさりと終わった記憶があります。

それから、国民年金の一時停止を申請するために、保険年金課へ。

ちなみに、国民年金は一時停止してもしなくてもどっちでもOKです!

当然ですが、ワーキングホリデーに行っている間、国民年金の支払いを一時停止すると、将来もらえる年金の額は少なくなります。

職員の人が「1年間国民年金を一時停止すると、年金の支給額が年間で2万円弱減りますよ」と言っていました。

でも、僕は当時、あまり金銭的に余裕がなかったので、ワーキングホリデーでオーストラリアを生活の拠点としている間は、国民年金を一時停止するという方法を選びました。

国民年金の支払い額が月額1万3000円で計算したとしても、年間で15万6000円ですからね。当時の僕としては、「15万あったらオーストラリアでの生活に使いたい」と思ったものです。


それから、健康保険。

僕は当時、健康保険には入っていなかったので、一時停止の申請はしていませんが、健康保険に入っている人は一時停止の申請をするそうです。

詳しくは、最寄りの市役所の保険年金課に聞いてみて下さい。


国民年金も健康保険も一時停止したら、帰国後すぐに市役所に行って再開の手続きするのを忘れないでくださいねー。


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る
本気の人へ!
ワーホリ カテゴリ