オーストラリア ワーキングホリデー体験談

格安航空「ジェットスター航空」が2008年12月より成田〜オーストラリア線を開設
[オーストラリア最新ニュース]




オーストラリアのJetStar航空(ジェットスター航空)が2008年12月から成田〜オーストラリア線を開設します。

ジェットスター航空はカンタス航空が2004年に設立したLCCです。

すでに、大阪〜オーストラリアは飛んでいますね。

LCCとは「ローコストキャリア」のことで、日本語だと「格安航空会社」というところでしょうか。

とにかく、JetStar航空が成田とオーストラリア間を飛ぶことにより、カンタス航空よりも安い飛行機チケットでオーストラリアに行くことができるようになるんです。

現在のカンタス航空と12月からのジェットスター航空の1週間の路線数を見てみましょう。

1週間の日本路線
カンタス 36便(現在) → 10便(12月以降)
ジェットスター 15便(現在) → 19便(12月以降)


2008年12月からはカンタス航空が大幅に減り、ジェットスター航空が多少増えるんですね。

まずは、様子見というところなんでしょう。

利益が出ると見込めれば、ジェットスター航空の路線数はもっと増えることが予想されます。


では、次に成田〜ケアンズ間の片道の飛行機チケット代を比べてみましょう。

成田〜ケアンズ間の片道の飛行機チケット代
カンタス:5万9000円〜(燃油サーチャージなどを除く)
ジェットスター:2万円〜

ジェットスターはカンタスに比べ、半額以下です。往復でも5万円くらいで行けそうですね。

ジェットスター航空の運航コストは、カンタス便の5〜6割で済む低コスト飛行機です。

だからこそ、安い。安いから、あまり過度なサービスは期待しない方がいいかもしれませんね。


そんなジェットスター航空の日本でのターゲットはレジャー客。

7割以上の搭乗率を見込こんでいるそうです。


ちなみに、誕生から約30年が経過する格安航空会社ですが、これまでの経営破たんしたは200社超。

生まれては消えていくというのがこの業界です。

ここ半年で経営破たんした格安航空会社に下記のものがあります。

・シルバージェット
イギリスのロンドンに本拠地を置いていた、全席ビジネスクラスの格安航空会社。

・マックスジェット
アメリカとヨーロッパを結ぶ、全席ビジネスクラスのLCC。

・アロハ航空
ハワイの格安航空会社。

・ATA航空(American Trans Air)
アメリカのインディアナ州に本拠地を置いたLCC。

・スカイバス航空
アメリカ合衆国オハイオ州コロンバスを本拠としていたローコストキャリア。

・フロンティア航空
アメリカ合衆国コロラド州デンバー市のデンバー国際空港を本拠地としている格安航空会社。

・Eosエアラインズ
アメリカ、ニューヨークのジョン・F・ケネディー空港を拠点とした全席ビジネスクラスのローコストキャリア。


格安航空会社(ローコストキャリア/LCC)は売上は下がるが、利益は上がるというビジネスモデルです。

売上が下がって、利益も下がったら維持していくのが難しくなるんですね。

果たして、ジェットスター航空は経営破たんすることなく、日本とオーストラリアを格安で飛び続けることができるでしょうか?

そして、日本ではANA(全日空)が2010年に格安航空に参入予定ということです。

相変わらず、日本の大企業はスピードがないですね。。


次の記事へ >
< 前の記事へ
TOPへ戻る
本気の人へ!
ワーホリ カテゴリ