オーストラリア ワーキングホリデー体験談

帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事
[最短でやる!英語学習法]




< ページ移動: 1 2 >

ワーホリに行く人によく聞かれることに英語の学習法があります。

僕は現地のデザインオフィスでネイティブ相手に英語環境で仕事をしていたので、きっと僕が英語がペラペラだと思っているのでしょう。

しかし・・・実際はあまり英語が喋れません。。正確に言うと、ワーホリ時代はあまり喋れませんでした。。

語学学校も真ん中のクラスでしたし。。

なので、帰国してからも勉強を続けました。

とくにか、多くの人がワーキングホリデーから帰国すると、英語の勉強をしなくなります。

日常の仕事や遊びで精一杯なんですね。。

外国人の彼氏や彼女を作ればいいですが、日本にいると、オーストラリアにいる異性とは比べ物にならないくらい可愛い、そしてかっこいい日本人がいます。

だから、多くの人は日本人の恋人を作り、日本人とばかりつるみ、英語に触れない日本語オンリーの環境へと戻っていきます。

せっかくのワーホリ体験が台無しです。。

あともうちょっと英語を勉強し続ければ、それなりのイングリッシュスピーカーになれたかもしれないのに。。

僕はと言えば、シドニーで自分の英語力のなさにすごく口惜しい思いをしたので、帰国後も英語にイヤでも触れる環境を作って、日々英語に触れています。

英語を勉強しているというより、英語に触れているといった感じです。

そのせいか、今となっては、ワーホリ時代より英語が話せますし、聞き取れます。

では、僕はどんな英語との触れ合いをしたのか?

ここでは、僕が帰国後にやった英語学習法を伝授したいと思います。

僕がやったこと・・・・それは、移動時間・・・電車や車、歩いている時に常に英語の音声を聞くことでした。

仕事中も可能な限り聞き続けました。

耳から学ぶのが一番学習効果があり、楽な勉強法だということは、浪人時代に体験済みだったので。

昔はCDウォークマンやカセットテープが一般的でしたが、今はiPod<画像:>という魔法の音楽プレーヤーがあります。

あんなに小さいのに、最低でも1000曲以上の曲が入ります。

持ち運びもラクラクです。

では、どんな英語の音声をiPodに入れているのか・・・?

これには、それなりに投資しています。つまり、お金をかけているということです。

というのも、できる人を見ていると、お金をかけるべきところには、惜しまず投資しているんですよね。

ケチっていては、いつまでたっても、英語はできるようになりません。

では、どんな英語学習教材を使っているか?

それは、聞き流すだけで英語がマスターできるという「スピードラーニング」<画像:>です。

新聞広告でよく見かけるやつですね。

僕は聞き流すだけで英語をマスターできるとは思いませんが、とにかく、英語に触れる時間を増やすということは、英語力アップにつながることだと思っています。

当たり前ですよね。

帰国して全く英語に触れない人と、移動時間はずーと英語を聞いている人では、1年後の英語力は雲泥の差になるでしょう。

とにかく、大切なことは、帰国すると英語に触れる時間や場所が極端に減ります。

せっかくアップし始めた英語力がそれでは水の泡です。。

なので、海外にいる時と同じくらい英語を耳にする時間をとることが非常に大切になってきます。

そこに投資する訳です。

そこに投資できた人だけに、英語がペラペラに喋れば、外国人とも笑顔で話せる人生が待っています。

「スピードラーニング」のいいところは、無理せずに英語の勉強ができることです。

それは、もう、音楽を聴いているかのようにネイティブの英会話を聴くことができるんですね。

< ページ移動: 1 2 >


< 前の記事へ
TOPへ戻る
本気の人へ!
ワーホリ カテゴリ