このページでは海外旅行傷害保険をできるだけ安くする方法について説明しています。学生なら無料で海外旅行傷害保険が手に入りますよ!

海外旅行傷害保険を最安値(学生は無料)にしてワーホリをする方法

この方法はワーキングホリデーだけでなく、海外旅行にも使えます!


ワーキングホリデーは海外旅行と違って最大1年間の長期滞在です。


海外に長期滞在していたら、当然、何かしらのトラブルや盗難に巻き込まれたり、病気やケガをしてしまう可能性もあります。


そこで、保険に加入する必要があります。海外旅行傷害保険ですね。


しかし、保険会社が提供している海外旅行傷害保険は非常に高額です。


私は何も知らずにワーホリ代理店にすすめられた海外旅行傷害保険に加入しましたが、1年間の保険で約15万円もしました。


今、振り返るとこれは失敗したなぁーと。。保険に15万もかける必要なかったです。もっとずーと安く済ます方法を知った時にすごく後悔しました。


15万円もあれば、現地でもっと美味しいモノが食べられましたし、いろんな所にも遊びに行けましたね。


あんなに過酷な節約生活をする必要はなかったなぁーと。。


海外の長期滞在はとにかく金がかかる!!

海外の長期滞在はたださえお金がかかります。


飛行機代はもちろん、現地での家賃、食費、交際費などの生活費。


遊びに行ったりラウンドしたりすれば交通費もかかります。もちろん、語学学校の学費が一番大きいですね。


これらの中で節約できるものってありますか?


基本的にどれも節約するには限度がありますよね。


食費ですか?


まぁ、食費を削るのは最初に思いつくことかもしれませんが、あまりやりすぎると、海外生活のすべてがイヤになりますよ。なんだか、精神的にむなしくなるんです。。これ、私の体験談です(苦笑)。


でも、1つだけ節約できるものがあるんです。
それが、海外旅行傷害保険なんです!!


できるだけ安くワーキングホリデーをする方法

ここからは本題の海外旅行傷害保険を最安値、つまり、かなり安くする方法について説明します。


しかも、学生なら無料に!


やり方によっては、学生以外でも限りなく無料に近い金額にできてしまいます。


その方法とは・・・?


それは、海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードを持つことです!


でも・・・海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードなら、なんでもよいというわけではありません。しっかりと、選ぶ必要があります。


というのも、なかには名前ばかりでたいした内容のない海外旅行傷害保険がついているカードも存在するからです。


海外に長期滞在するなら、しっかりとした充実の海外旅行傷害保険がついているクレジットカードを選ぶべきです。しかも、なるべく年会費は安いカードを。


この2つの条件を満たすカードとは・・・?


それは・・・


充実の海外旅行傷害保険が付いているクレジットカードに続きます!


※なんだかテレビの「続きはCMのあとで!」みたいですみません(^^;
文字数の関係でこれ以上書けないので。。





ワーホリ体験談TOPへ