ホームステイでの生活(部屋と食事の写真付き)

スポンサード リンク

僕はオーストラリアでのワーキングホリデーの最初の4週間はホームステイをしました。

出発前に代理店に手配をしてもらったんですよね。

ホームステイの料金は1週間220ドル。4週間だったので、880ドルでした。当時は1オーストラリアドル80円くらいだったので、7万円ちょっとですね。

これで、朝・夜の食事込みです。もちろん、部屋にはベッドや机、クローゼットなど生活に必要なものはだいたい揃っていました。

テレビもリビングでホストファミリーと一緒に見ていましたね。

僕はホストファミリーに恵まれたらしく、とても楽しい有意義な4週間が送れました。

しかし、このホームステイ、どうやら、当たりハズレがあるようです。。。

僕のホストファミリーは、写真撮影を仕事としているホストマザーと7歳の娘、そして、20代半ばの息子の3人家族でした。

ホストマザーはドイツ人で、オーストラリアで永住権を取って永住していました。

この家族はお父さんはいなかったですね。理由は聞きませんでしたが。

ホームステイで滞在していたのは僕とドイツ人の20歳の女の子2人がいました。

それと、息子の彼女も一緒に住んでいましたね。けっこう大所帯で賑やかな家庭でした。

僕はいつも7歳の娘をからかって遊んでいたので、ホストマザーに「You are naughty!(あんたはいたずらっ子だねぇー!)」と言われていました(笑)。。

では、ここで僕がお世話になったホームステイ先を写真を見ながら、軽く振り返ってみたいと思います!

070504_1.jpg

こんな家でした。緑に囲まれた家だったので、普通にコウモリとかいましたね。シドニーでは、「フルーツバット」と言って、コウモリはそれほど珍しくないです。

それと蚊にけっこう刺されました。。オーストラリアにも蚊はいるんですねぇー。。

070504_2.jpg

これが僕の部屋です!2Fの角部屋。だいたい6畳くらいかな。朝は朝日が窓がまぶしいくらいに入ってくるので、気持ちよく目覚めることができましたね!

070504_3.jpg

070504_4.jpg

バスルームはこんな感じでした。僕の部屋の隣にあって、日本でいうユニットバスみたいな感じですね。

ホストファミリーは1Fのバスルームを使って、ホームステイしている人はこの2Fのバスルームを共同で使うという感じですね!

070504_5.jpg

庭にはプールがありました!結局、1回もプールには入りませんでしたが、プールがあるとなんだか開放的な気分になっていいんですよねー!

庭のテーブルでは、食後にみんなでタバコを吸いながら話したりして、一番思い出がある場所ですね。

寝る前に、同じくホームステイしていたドイツ人の女の子二人と「今日はどうだったー?」みたいな会話をしていましたね。

そして、最後に食事!僕のホストファミリーの料理は最高に美味しかったですね!写真を見るだけでも、それが伝わると思います!

070504_6.jpg

ヌードルです!横に置いてある飲み物はアップルジュース!この辺の組み合わせがオーストラリアっぽいです。

シドニーには吉野家の牛丼がありますが、オーストラリア人はコーラと一緒に牛丼を食べていますからね。。。

070504_7.jpg

これは、肉料理!おかわりもたくさんありました。

070504_8.jpg

みんなで仲良く食べるんですね!

070504_9.jpg

これは、野菜とフィッシュフライです!

070504_10.jpg

パスタですね!


朝ご飯はトーストと紅茶でした。これは、自分で用意するのですが、夜ご飯はご覧の通り、ホストマザーが料理の腕を思う存分発揮してくれました!

僕は毎日「今日の夜めし、なんだろうー??」とか楽しみにしていましたからねっ!


でも、僕の友達のホームステイ先は最悪の人もいました。。。

友達が語学学校から夕方帰宅すると、家には誰もいず、机の上にはマクドナルドのセットが。。もちろん、冷めています。。

もっとひどい時は、夜飯の用意を忘れられて、しょうがないから、冷蔵庫にあるもので自分で料理したとか。。

ホームステイはたいていの場合、朝と夜のご飯込みの金額なので、もし、僕の友達のようにハズレのホームステイ先にあたってしまった場合は、すぐにホームステイ先を手配してもらった代理店などにクレームを言った方がいいと思います!


ただ、ハズレのホームステイ先はほんの一部だと思います。

ホームステイは現地のリアルな生活をかいま見れるので、ワーキングホリデーの最初の4週間〜8週間くらいはやってもいいと思います!

ただし、あまりに居心地が良くても、8週間以上ホームステイをするのはオススメしません。。

というのも、やはり自立するためにも、自分で住む部屋を探したり、自炊したりなどを経験した方がいいと僕は思うからです!

シドニーでの生活 記事一覧

僕はオーストラリアでのワーキングホリデーの最初の4週間はホームステイをしました。...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行