kuzu 29歳 - シドニーの工場でネイティブと一緒に働くが・・

スポンサード リンク

kuzuさんの通っていた語学学校は、仕事も紹介してくれる学校だったようで、シドニーの工場で働く機会があったという。

もちろん、ネイティブと一緒に英語環境での職場。

3日でクビに・・・

念願の海外での英語環境での初仕事!

でも、kuzuさんを待っていた現実は・・・。

「すごい力仕事だったんです。。ソニーのプレーステーションが入った段ボールを運ぶ仕事だったんですが、1箱10kgくらいあって・・・。」
「日本人って海外では若く見られるじゃないですかぁ?たぶん、私も20代前半くらいに見られたんだと思うんですよ。。それで、すごいコキ使われて。。。でも、実際は30歳近い訳で・・。そんな私に1日中10kgもある箱を運ばせるなんて・・・。結局、3日でクビになっちゃいました(笑)。。。」

やはり、現実はそう甘くないようだ・・・。

それでも、現地の工場で働くことができたことは貴重な経験だった。

この工場での時給は15ドルとジャパレスに比べると倍の時給だったという。

しかも、朝はまだ薄暗い早朝の時間帯に家を出て、夕方まで1日中びっしり働いたという。

お金を稼ぐにはぴったりの環境だ。しかし、体力がないkuzuさんにとっては非常にきつい仕事だったようだ。

しかも、周りの人間はどう見ても20代前半のヨーロピアンやオージーの若者ばかりだったという。

「なぜ、『私は29歳なんです』と年齢のことを言わなかったのですか?もし言っていたら、もっと肉体的に負担の軽い仕事をさせてくれたんじゃないですか?」と尋ねると、

「年齢のことは一切聞かれなかったので。。聞かれないのに、自分から言う必要もないしなぁーと思って。。。」

とkuzuさん。

そう、オーストラリアでは、職場で公式に年齢を聞かれることはほとんどない。

だいたい履歴書(オーストラリアでは「レジメ」と言います)にも年齢を書き込む欄がないのだ。

これは、年齢による差別をしないためということらしい。

そして、最後にkuzuさんは、この工場での仕事を思い出しながら、

「今となっては貴重な経験ができたかなぁーと。ほんとに現地の工場で働くことができたからっ!」

と、すがすがしく語った。

ワーキングホリデー経験者インタビュー 記事一覧

kuzuさんの通っていた語学学校は、仕事も紹介してくれる学校だったようで、シドニ...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行