kuzu 29歳 - 事件発生!パブでカバンを盗まれる!

スポンサード リンク

kuzuさんに「語学学校以外で、渡豪当初に辛かったことってありましたか?」と尋ねると、仰天の答えが。。


パブでカバンが盗まれた!

「実は、オーストラリアに来て1ヶ月ちょっとがたった頃に、パブで友達と飲んでいた時にカバンを盗まれてしまって・・・。カバンの中にはデジカメ、CDウォークマン、電子辞書、携帯電話、学校の教科書、化粧ポーチ、財布が入っていて。しかも、そのカバンには、もしもの時に使うようにとおばあちゃんから渡された日本円が3万円も入っていて・・・。」

シドニー到着1ヶ月目にして、こんな絶望的な経験をしたkuzuさん。

カバンが盗まれたことに気づいてすぐに友達とポリスに行き状況を説明し、その後、日本のクレジットカード会社に電話したが、その時にはすでにクレジットカードは使われていたという。

しかし、保険に入っていたので、使われたクレジットカードに対する金銭的な負担は一切なし。

けれども、パスポート以外のオーストラリアでの生活に必要な必需品がほとんど盗まれて、やはり精神的なダメージは大きかったようだ。

人間って一人じゃ生きていけない!

「この事件があった時はすっごい落ち込みました。でも、私って、本当に環境に恵まれていて、その時にシェアして住んでいたフラットのオーナーの女性が私をすごくなぐさめてくれて。」
「そして、私を抱きしめてくれてこう言ってくれたんです。『kuzu、一つだけ言っておきたいことがあるから聞いて。オーストラリアでは人の物を盗む悪い人もいるけど、私たちのような良いオーストラリア人もいるから安心しなさいねっ!』と。」

なんとも感動的な話である。このフラットのオーナー女性の一言で、kuzuさんの落ち込んだ心は、だいぶ明るくなれたという。

また、語学学校の友達もkuzuさんを慰めてくれ、あらためて人の優しさを感じたという。

当時の盗難事件を振り返りながら、kuzuさんは照れくさそうにこう語った。

「やっぱり、人間って一人じゃ生きていけないなぁーと、お決まりのセリフかもしれないけど、本当にそう思いました。」
海外で初仕事!に続く  » 

ワーキングホリデー経験者インタビュー 記事一覧

kuzuさんに「語学学校以外で、渡豪当初に辛かったことってありましたか?」と尋ね...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行