「タバコちょうだい」と言われた時に、やんわり断る英会話

スポンサード リンク

街中でタバコを吸っていると、「タバコ一本ちょうだい」と見知らぬ人から声を掛けられる時がよくあります。

特に、街会わせでよく使われるタウンホール前でタバコを吸っていると、かなりの確率で「タバコ一本ちょうだい」と言われますね。

僕は最初の頃は「1本くらいならいいかなっ」と思ってあげていたのですが、けっこう頻繁に言われることに気づいてからは、「なんとかして断る方法はないかなぁー?『No!』じゃなんとなく、そっけないしなぁー」とか考えるようになっていました。

というのも、オーストラリアはタバコが高い!

僕が吸っていた「マルボロ・ライト・メンソール」は当時、日本で1箱300円でした。(ちなみに、今は1箱320円です。)

でも、オーストラリアでは1箱9ドルくらいです。当時は1ドル80円くらいだったので、1箱720円もすることになります。

日本の倍以上なんですね。(この記事を書いている2007年5月の段階では1ドル99円なので、もっと高く感じることでしょう。)

そう言うわけで、タバコはオーストラリアでは貴重な嗜好品という感じです。

そんな時に偶然、語学学校でDo you have cigarette? (タバコある?)と言われた時に断る英会話を授業でやりました。

スモーカーの人限定の英会話ですが。。。

・1本しかないという理由で断る場合
I've only got one left. Sorry!
There is only one left. Sorry!

・全部吸ってしまった(1本もない)という理由で断る場合
Sorry! I haven't got any left.
Sorry! There are none left.


こんな感じで断ると、相手は「おう、そうか!」という感じで立ち去ってくれます。

僕はこのフレーズはけっこう使いましたので、確認済みです!

最低限、知っておきたい英会話 記事一覧

街中でタバコを吸っていると、「タバコ一本ちょうだい」と見知らぬ人から声を掛けられ...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行