右脳を使った英単語の覚え方 〜 僕が3ヶ月で1万語の英単語を暗記した方法 »

ワーキングホリデーの海外旅行傷害保険を安くする方法(学生は無料) »

海外のホテルを最安値で宿泊予約する方法 »

ビビッた。。。

波乗りから帰ってきて着替えたら、誰かがドアをノックする音。
のぞき窓を覗いたら、そこには一人の女性が。

ドアをかけると、その女性は不動産屋の人だった。
そして、彼女の後ろには、約15人くらいの人、人、人。

そうなんです!俺はこのフラットに住むのは3月6日までなので、
新聞に空室情報の広告を出してもらったんだよね。

ちなみに、この広告、1回30ドルもする。。。
できれば、一発で決まって欲しい。。。

ドアを開けるなり、約15人の人が俺の部屋に入ってきた。。。
俺は内心思った。
「頼むから、靴脱いでくれ!!」

そう、オーストラリアでは、部屋の中で靴を履いたまま生活するのが普通なんだよね。
でも、日本人の俺としては、部屋の中で靴を履く習慣がないので、
室内は土禁にして過ごしてしたんだよね。

友達が遊びにきても、みんなに靴を脱いでもらっているしね。

フローリングならまだしも、今の部屋は絨毯だからね。

そしれにしても、この1ベッドルームの部屋に約15人の外国人(っていうか、俺が外国人??)が集まると、
すごい迫力だ!俺は正直、マジでビビッてしまった。。。

でも、何事もなく、無事みなさん帰っていきました!
中には、この部屋を気に入ってくれた人もいたから、
早く次に住む人が決まってくれることを祈るだけだね。

決まるまで、広告を出さないといけないからね。

ちなみに、俺が今住んでいるフラットはこんな感じです〜!

050212_1.jpg

050212_2.jpg

050212_3.jpg

050212_4.jpg


以前、住んでいたマンリーでのフラットはここで見れます!
外観だけだけどね。

あ〜、懐かしいなぁ〜。。。
まだ、帰国してないのに、シドニーでの生活を早くも懐かしんでいる自分に、
最近よく出会います。

このブログ記事について

このページは、シドニー ワーホリ体験記が2005年2月12日 18:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一番なりたい自分」です。

次のブログ記事は「日本人の友達」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。