右脳を使った英単語の覚え方 〜 僕が3ヶ月で1万語の英単語を暗記した方法 »

ワーキングホリデーの海外旅行傷害保険を安くする方法(学生は無料) »

海外のホテルを最安値で宿泊予約する方法 »

部屋探し

今日は昨日と違ってとても涼しい日だった。

長袖のTシャツで肌寒いくらい。たぶん、昨日と比べて10度くらい気温が低かったと思う。

キセラの写真撮影が今週末に変更ということなので、予定を変更して、ホームステイ後の部屋探しをするために、マンリーへ。

マンリーは去年7月に下見に行ってきた時にシドニーの中で一番気に入った町。住むならマンリーと決めていた。

マンリーは海の町という感じ。サーフィンができる!そして、シドニー中心街までフェリーで移動!!なんか、フェリーで移動っていうのがいいよね。

というわけで、マンリーのインターネットカフェの窓に張ってあるシェアルーム情報のチラシに目を通す。

そこへ、偶然、シェアルーム情報を書いたチラシを持ってきた女の人が。

とりあえず、そのチラシを見せてもらい、いくつか質問をした。

まとめると、彼女はオーストラリア人で、チェロ弾きのミュージシャン。

今は友達と二人で住んでいて、一部屋空いているらしい。その部屋はとても大きく、二人でも住めるらしい。そして、海がみえる!と言っていた。

家具や生活用品もすべてそろっているという。とりあえず、今週の土曜日に部屋を見に行くアポを取った。

良い部屋だといいなぁー。家賃の値引きも交渉しなくては。

部屋探しのついでに、ALOHA(アロハ)というサーフショップにも立ち寄ったら、日本人の店員がいた。

名前はカズ。もう5年もこっちにいるらしい。なんだか、すごい貫禄があったなぁー。

サーフィンの話やサーフボードの話をし、いろいろアドバイスをしてくれた。

マンリーに住み始めたらサーフィンはやる予定なので、ボードを買うとしたら、この店にしよう。

このブログ記事について

このページは、シドニー ワーホリ体験記が2004年3月10日 07:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「語学学校」です。

次のブログ記事は「オリエンテーション」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。