右脳を使った英単語の覚え方 〜 僕が3ヶ月で1万語の英単語を暗記した方法 »

ワーキングホリデーの海外旅行傷害保険を安くする方法(学生は無料) »

海外のホテルを最安値で宿泊予約する方法 »

シドニー到着!

シドニーはあいにくの曇り。でも、ちょっと蒸し暑い。

代理店のオフィスに着いた頃には、雨はどしゃぶりになっていた。

ここ一週間くらいの簡単な説明を聞き、さっそく携帯電話を購入!

金額は260ドル。この金額に月々の基本料金が含まれるらしい。

おまけに、20時から24時までは20分以内の通話なら無料らしい。

19分話して切って、また19分話して切ってという感じで、この4時間は何度かけても20分以内なら無料。

帰国する際には、50ドルで買い取ってくれるらしい。きれいに使えばの話だけど。

そして、一週間分の市内バスカードを36ドルで購入!オレンジカードという名前。このカードがあれば、一週間はカードエリア内なら、何度でも乗ることができる。

あとは、日本に格安で電話できるDaybreak calling cardを10ドルで購入!10ドル分だけど、かなりの時間話せるらしい。

その後、ホームステイ先に車で移動。

家族構成はドイツ人のキセラ(母)・デニス(息子)・タニア(娘)。親父はいないようだ。

それと、俺と同じ、ワーキングホリデーでドイツから来ている19歳の女の子、エヴァとステファニー。

この二人がいることなんて聞かされていなかったから、最初は遊びに来ている近所の人かと思ったよ。

なぜか、二人は英語がペラペラ。

自分の部屋で荷物を整理してから、キセラに「ビール飲みたいんだけど。」って言ったら、彼女は笑いながら「今はうちにはないから、すぐ近くの酒屋で買ってらっしゃい。」と言う。

「やっぱり、自腹かぁー。」と思いながら、酒屋でビール2本とポテトチップスをゲット!

プールのある庭で「このプールには入れないなぁー」と思いながら軽くたいらげてしまった。

それにしても、今日はめちゃくちゃ疲れた。やっぱり、初日は疲れるね。

とりあえず、最初の一ヶ月は様子を見て、あまり無理せずにいこう。

このブログ記事について

このページは、シドニー ワーホリ体験記が2004年3月 7日 07:02に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成田空港にて」です。

次のブログ記事は「自立」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。