オーストラリアの気温

スポンサード リンク

オーストラリアは南半球なので、日本とは季節が逆です。

つまり、日本が夏の時、オーストラリアでは冬になります。これは、よく知られていることですね。

でも、シドニーの冬が予想以上に寒いことは意外と知られていないのでは。。。オーストラリアっていうと、青々とした空、そして、光り輝く海というイメージがありますからね。

僕はワーキングホリデーの1年間、ずーとシドニーにいましたが、7月にあまりの寒さに負けて、小さなヒーターを買ってしまいましたから。

ヒーター

30ドルくらいで買えます!

僕はワーホリ前の下見旅行でブリスベン、ゴールドコースト、シドニー、メルボルンの4都市に行きました。季節は7月。つまり、真冬です。

そして、ワーホリ1年間はシドニーで過ごしました。

なので、ここでは、この4都市限定で気温の話をしようと思います。

まずは、シドニーの夏。

もちろんあったかいです!タンクトップにショートパンツ、ビーチサンダルというスタイルが僕のお気に入りの格好でした。

晴れている日の日中は日差しが刺さるように強く、紫外線も出放題って感じです。女性の方は、日焼け止めは必須ですね!

僕はサーフィンをしていたので、日焼け止めを塗っても、海で流れてしまうので、真っ黒になりました。もう、びっくりするくらい真っ黒になりました。鏡見た時に自分で自分の顔にビックリしましたから(笑)。。「えっ、これ、俺??」みたいな。。


そして、シドニーの冬。

シドニーの冬は思っていた以上に寒かったですね。オーストラリアの真冬である7月、8月は日本の東京でいう11月、12月くらいという印象ですね。

特に、オーストラリアでは、「お風呂にゆっくりつかる」という習慣がないので、それがまた辛かったです。

シャワーしかないフラットもありますからね。

やはり、日本人である以上、寒い日にはお風呂に肩までゆっくりつかりたくなりますからねー。


場所は変わって、メルボルンの7月(冬)。

僕がメルボルンに行った時は、あいにくの天気で雨でした。

そして、すげぇー寒かったです。。

おまけに、乾燥しているんですよね。乾燥肌の僕にはすごくつらかったです。もう、クリーム塗りまくり。

寒いのが苦手な僕は、「冬のメルボルンはもう2度とくるもんかっ」と思ったものでした。。


最後に、ブリスベンとゴールドコーストの7月(冬)。

ブリスベンとゴールドコーストに行った時は、すごく良い天気で、日中はまるで夏のような格好をしていた人もいましたね。

タンクトップを着ている女性もいたりして、「冬なのにタンクトップかよっ!」と一人、つっこんでいました。。

僕も半袖Tシャツにカーディガンを羽織っていましたが、途中でカーディガンを脱いだ時もあったくらいです。

日差しが強いので、晴れていると、真冬の7月だといっても、日中は暖かいんですよね。

でも、日陰に入ると、ちょっと肌寒く感じた記憶があります。

それと、昼と夜の気温差があるので、注意して下さい。

オーストラリアってどんな国? 記事一覧

オーストラリアは南半球なので、日本とは季節が逆です。 つまり、日本が夏の時、オー...

人気記事ランキング

1位:帰国後ほど、英語に触れる環境をムリヤリ作ることが大事

2位:海外ドラマで英語脳を鍛える

3位:部屋探しの際に知っておきたい英語


体験者が語る
ワーキングホリデー

kuzuさん(29歳女性)
もし、迷っているいるなら絶対にワーホリに行った方がいいですっ!
シノブさん(悩める26歳女性)
Coming Soon!

短期間でしっかり英語を学びたいなら質・価格ともに今ならフィリピンのセブ島でしょうね。

ワーホリ、留学なんでもオーストラリアのことならおまかせ! »
・ワーホリや語学学校の手続き代行
・ホームステイの手配
・オーストラリア留学を現地から支援
・無料で留学相談や入学手続を代行